慰安婦の支援組織 アルファ【中国・カナダ】

カナダALPHA(第二次世界大戦アジア史保存カナダ連合)

 ALPHA(アルファ)は抗日連合会のカナダ支部であるが、独自の勢力をカナダ国内に有している。ブリティッシュコロンビアALPHA、トロントALPHAなどがある。カナダの教育界に深く浸透しており、トロントALPHAなどはトロント教育委員会およびカトリック教育庁と了解覚書(MOU)を締結しており、その内容は『学校教育において日本の慰安婦制度の残虐性を教える』というもの。
 なお、カナダのアルファはカナダ教育界に浸透しているというレベルを超えており、少なくとも反日という分野においては教育界がアルファの傘下に入り、アルファの指示を受けていると表現しても過言ではないほどである。アルファの支援を受けている高校教師や大学教授が大勢おり、アルファの指示によって反日活動を展開している。夏休みなどを利用してカナダの先生たちを中国へ研修旅行に連れて行き反日思想を教え込むことを数十年にわたって繰り返しており、カナダ教育界での反日思想は盤石なものとなっている。研修旅行の際には資金提供もあり、帰国後に反日活動をさせているという。
 なお、日本軍慰安婦を非難しているウィニペグ人権博物館の開設を支援したとみられる。この博物館には『中国系カナダ人コミュニティの絶大な支援を受けている』というプレートが掲げられているが、それはアルファのことを指しているとみられる。また、韓国系反日団体や、日系の『9条の会』とも連携している。活動は非公然ではなく公然とオープンに行っており、ALPHAはカナダ社会で完全に市民権を得ている。